本に関するトラックバック受付ブログです。
みんなどんどんとトラバして下さいね!^o^

頂いたトラックバックは左のジャンルにわけて格納しています。
気になるトラバがありましたら相手のブログへジャンプして下さい!!

2004年06月19日

■歴史・地理■

こちらは歴史・地理に関する情報が寄せられております。
みなさん! 気になる情報がありましたらゲッツください!!
トラックバック先のブログへジャンプしよう☆


〜・〜 情報を提供頂ける方へ 〜・〜
ここには歴史・地理に対するトラックバックを送りつけてください!
トラックバックのアドレスは以下になります。
http://blog.seesaa.jp/tb/221481




posted by きまぐれT at 12:37 | TrackBack(22) | ジャンル
この記事へのトラックバック

酷刑
Excerpt: 「酷刑」血と戦慄の中国刑罰史 王永寛著 尾鷲卓彦訳 徳間文庫 酷い本です。 中国の歴史上にあった様々で残忍な刑罰を例をあげ一つずつ解説していきます。 車裂(くるまざき) 凌遅(きりきざみ) 剥皮(..
Weblog: 流されてるオヤジ
Tracked: 2004-06-30 21:07

フランスの裏面史を面白く読ませてくれる本
Excerpt: 死刑執行人サンソン syoko-cwy様の記事<死刑執行人サンソン>で紹介されていたこの本『死刑執行人サンソン ―国王ルイ16世の首を刎ねた男―』、私も読みました。フランスの裏面史を知るには本当..
Weblog: 愚者の楽園 〓ブログ日記〓
Tracked: 2004-08-10 09:08

近江を制するものは天下を制する
Excerpt: 私も静かに湖東平野を一望してみた。すると、近江という土地の重要性が実感できる。 日本最大の湖である琵琶湖が中心にあるため、滋賀県の平地は湖の周囲にわずかにあるだけのような印象がある。 しかし、実際..
Weblog: Ecotechnology
Tracked: 2004-08-20 01:42

韓流ブーム でも、こんな事件知っていますか?
Excerpt: 『閔妃暗殺 朝鮮王朝末期の国母』(角田房子:著 新潮文庫)を読了しました。  (詳しい感想はこちら) 閔妃暗殺事件・・・1895年(明治17年)、武装した多数の日本人が李朝王宮の奥深くまで乱入..
Weblog: 愚者の楽園 〓ブログ日記〓
Tracked: 2004-08-20 19:09

『ハプスブルク家の宮殿』
Excerpt: 『ハプスブルク家の宮殿』(講談社現代新書)読了しました。 (詳しい感想はこちら) オーストリアという国に興味があるので、ハプスブルク関係のものも何冊か読んでいます。 講談社現代新書からは手軽..
Weblog: 愚者の楽園 〓ブログ日記〓
Tracked: 2004-08-31 09:58

「ローマ人の物語 ユリウス・カエサル ルビコン以前」  塩野七生
Excerpt: 『ローマ人の物語 ユリウス・カエサル ルビコン以前』 塩野七生:著(新潮文庫)読了しました。 (詳しい感想はこちら) 前巻まで以上に塩野さんの入れ込みを感じます。 とことん惚れ込んでいると言っ..
Weblog: 愚者の楽園 Book&Comic
Tracked: 2004-09-11 18:38

切り裂きジャック 闇に消えた殺人鬼の新事実 仁賀克雄
Excerpt: 『切り裂きジャック 闇に消えた殺人鬼の新事実』 仁賀克雄:著(講談社文庫)読了しました。 本書は『新・ロンドンの恐怖 ??切り裂きジャックの犯行と新事実??』(原書房:刊)を原書に、加筆修正を加え..
Weblog: 愚者の楽園 Book&Comic
Tracked: 2004-09-13 16:02

本: ローマ人の物語 ユリウス・カエサル ルビコン以前
Excerpt: 書名: ローマ人の物語 8 ユリウス・カエサル ルビコン以前[上] ローマ人の物
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2004-09-18 09:18

「女王フアナ」 ホセ・ルイス・オライソラ
Excerpt: 「女王フアナ」 ホセ・ルイス・オライソラ:著 宮崎真紀:訳  (角川文庫) 読了しました。詳しい感想はこちら 映画「女王フアナ」公開に合わせて出版されましたが、これは原作あるいはノベライズではなく..
Weblog: 愚者の楽園 Book&Comic
Tracked: 2004-09-22 20:44

「新釈 雨月物語」
Excerpt: 「新釈 雨月物語」 上田秋成:原著 石川 淳:訳 (角川文庫) 読了しました。詳しい感想はこちら 怪異譚の名作として有名な「雨月物語」は江戸中期の<読本(よみほん)>として出回ったそうですが、バラエ..
Weblog: 愚者の楽園 Book&Comic
Tracked: 2004-09-30 19:13

「ユリウス・カエサル ルビコン以後」(中) 塩野七生
Excerpt: 「ローマ人の物語 ユリウス・カエサル ルビコン以後」(中)  塩野七生:著 (新潮文庫) 読了しました。 ポンペイウスの残党も一掃し、カエサルはいよいよ念願の帝政実現に向かって邁進します。終身..
Weblog: 愚者の楽園 Book&Comic
Tracked: 2004-10-24 06:50

「ユリウス・カエサル ルビコン以後」(下) 塩野七生
Excerpt: 「ローマ人の物語 ユリウス・カエサル ルビコン以後」(下)  塩野七生:著 (新潮文庫) 読了しました。 (上・中・下3巻まとめての詳しい感想はこちら) アントニウスはボンクラですね??。カエサ..
Weblog: 愚者の楽園 Book&Comic
Tracked: 2004-10-25 11:51

「ローマ人の物語 パスク・ロマーナ」(上) 塩野七生
Excerpt: 「ローマ人の物語 パスク・ロマーナ」(上) 塩野七生:著 (新潮文庫) 読了しました。 アクティウムの海戦でアントニウスとクレオパトラの連合軍を下したオクタヴィアヌスは遂にローマ第一の人となり..
Weblog: 愚者の楽園 Book&Comic
Tracked: 2004-11-01 16:36

「ローマ人の物語 パクス・ロマーナ」(中) 塩野七生
Excerpt: 「ローマ人の物語 パクス・ロマーナ」(上) 塩野七生:著 (新潮文庫) 読了しました。 歴代のローマの勇将が手を付けかね、クラッスス、アントニウスが大敗を喫し、カエサルは遠征出発直前に凶刃に倒..
Weblog: 愚者の楽園 Book&Comic
Tracked: 2004-11-02 14:40

「ローマ人の物語 パクス・ロマーナ」(下) 塩野七生
Excerpt: 「ローマ人の物語 パクス・ロマーナ」(下) 塩野七生:著 (新潮文庫) 読了しました。 (上・中・下3巻まとめての感想はこちら) ティベリウスに離反されてしまったアウグストゥスはアグリッパと娘ユ..
Weblog: 愚者の楽園 Book&Comic
Tracked: 2004-11-03 03:15

[読書]強制収容所でも希望を持てるのか?
Excerpt: asin:4622006014:detail 内容 アウシュビッツ収容所に収容された著者自らの体験を語った本。著者はアドラー、フロイトなどに精神医学を学んだ心理学者。もう、このバックグラウンドの説明だ..
Weblog: Doctorbird
Tracked: 2004-11-08 12:15

「ミシェル 城館の人 第一部 争乱の時代」 堀田 善衞 (集英社文庫)
Excerpt: (詳しい感想はこちら) 近代知性を支えた名著「エセー」の著者・モンテーニュの思想はいかに形成されたか。(文庫の帯より) 「エセー」ってなに? モンテーニュって誰?・・・と思いつつも著者の堀田善..
Weblog: 愚者の楽園 Book&Comic
Tracked: 2004-11-08 18:18

徳川四百年の内緒話 [文芸春秋/?川宗英]
Excerpt: TVドラマ「大奥」を見ながら読んでいて、ドラマが終わっても読み終わらなかった本書(笑)友達が貸してくれたのですが、元々エッセイ本のたぐいは苦手なので、94本のエピソードを読み切るまでにえらく時間..
Weblog: ◆覇王の書斎◆
Tracked: 2005-01-10 01:27

旧東独の学生たちの間で読まれた本-ミケランジェロの生涯
Excerpt: ミケランジェロの生涯(上・下)−ロ−ズマリ-・シュ−ダ−最初にこの本を見た時には、上下巻あわせて約1000ペ−ジに及ぶブ厚さに「あ、厚い。。」と読むのを躊躇したが、以前からミケランジェロについて物語形..
Weblog: イタリア乱読&鑑賞生活
Tracked: 2005-02-19 06:49

ヴィクトリア朝万華鏡
Excerpt:  高橋裕子、高橋達史共著(新潮社) 1993年  19世紀のイギリス絵画といえば
Weblog: 李青堂 
Tracked: 2005-07-13 12:49

はだかの起原
Excerpt:  不適者は生きのびる  島 泰三著(木楽舎) 2004年  1年間で読んだ本の中
Weblog: 李青堂 
Tracked: 2005-07-13 12:51

ローマ文化王国??新羅
Excerpt:  由水常雄著(新潮社) 2001年  最近、私が感じた面白さを★でもつけて表そう
Weblog: 李青堂 
Tracked: 2005-08-09 00:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。